【河北新報掲載】岩沼市内でオリーブの植樹が行われました。

岩沼市内で2017年7月1日にオリーブ植樹祭を開催しました。

今回の植樹は、塩竈・キオッジャ友好協会と、東北に茗荷村をつくる会メンバーの、ひふみ食工房からの寄付苗です。

2017年7月6日の河北新報朝刊に掲載されましたので紹介いたします。

2017年7月6日河北新報掲載「岩沼市にオリーブを植樹」

 

オリーブのことならいっしょに応援しましょう、
オリーブのことならいっしょにやりましょう、
オリーブのことならいっしょに喜びましょう、
それが「いっしょのオリーブ」です。

オリーブの花言葉のように平和に活動していくのが、
いっしょのオリーブです。

口で言うほど簡単ではありませんが、
利己ではなく利他で生きることが平和につながるのなら、
オリーブで、みんないっしょに!

「はぐくみの部屋」スタート

東北茗荷村の理念のもと、「誰でも自由に訪れられる、エネルギーに満ちた空間をつくる」をテーマに、地域の課題解決を目指す「はぐくみの部屋」がスタートしました。

「はぐくみの部屋」は、ご家庭で福祉の問題や、豊かな暮らしを妨げるものを抱えている方、東北茗荷村の村民として事業や支援を興したいと思っていても方法が分からない方誰でも相談や打ち明け話ができる相談部屋です。

東北茗荷村で自分を活かし、主体性を持ち生きようとする人たちへ、町興しのプロや、心理学、元支援学校職員、福祉支援団体職員、パソコン、webやグラフィックデザイナー、子育て中のママ等、問題に直結する各分野の専門家が場合によりアドバイスやマッチングをします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催場所:じぇるぶ岩沼2階セミナールーム

〒989-2448 宮城県岩沼市二木2丁目2−24

開催日時:月1会(13時〜17時) ※予定変更の場合あり

 

お時間は、事前の予約制となっています。ご連絡下さい。

電話09084237530(布田えみ)